支払いが困難になると自己破産ができなくなる

カードローンで仮に支払えないという事態に陥った時は自己破産をするという選択肢があることをご存知の方もいらっしゃるでしょう。それでは、クレジットカード現金化で仮に支払えないという事態に陥った時に自己破産はできるでしょうか。

クレジットカード現金化は免責不許可事由に該当

多重債務に苦しんで返済するのが無理という状態になった時に債務整理を利用することができます。債務整理とは民事再生や自己破産などの法律を使った方法です。自己破産は特にすべての借金がチャラになったりしますので、最終的な手段として用いられるケースが多いです。

クレジットカード現金化の場合は自己破産の申し立てを行った時に借金がチャラにならずに、支払いが残ってしまうケースがあります。これはなぜかというと、免責不許可事由というものがあるからです。免責不許可事由は破産法に記載されており、それに該当するかどうかは裁判所が判断しています。

免責不許可事由に実はクレジットカード現金化が含まれています。クレジットカード現金化はショッピング枠で現金を手に入れることですから、これは破産法252条1項2号違反ということになります。自己破産をする時には法律家と一緒に申請するでしょうから、その時に相談してみてください。

支払いができなくなったら自己破産ができなくなるので十分に注意する

クレジットカード現金化でも支払いが滞って返済ができなくなった場合は自己破産ができるという風に考えている人もいるでしょうが、実は免責不許可事由に当てはまるために自己破産が認められない場合がありますので注意してください。