クレジットカードが利用停止になるって本当なのか?

クレジットカード現金化に関して言えばクレジットカード会社の利用規約違反に当たるのではないかという議論もあります。実際にはどうなるのか気になるところです。

正直に言うとグレーゾーンという見方

クレジットカード現金化はショッピング枠を使用しており、それは本来ならば買い物をするために利用すべきものです。しかし、実際には現金化のために使用しているので、結果的にはシステムの網目をくぐっているに過ぎないわけです。そのため、見方によっては違法に当たりますし、別の味方から言うと合法にも当たります。

確かに利用規約に換金目的でカードを使用することはいけないという風に書かれてあります。それがばれた時には利用停止になるというケースは十分にあり得ます。そのため、クレジットカード現金化を使用しているということがばれないように利用者としても十分に気をつけなければいけないわけです。

クレジットカード現金化を何回も利用していたり、高額な取引をした場合にはカード会社から電話確認を受けることになりますが、その時にショッピングのために使用していたという風に主張すれば、利用停止になったとしてもすぐに解除されるでしょう。

カード会社にばれた時には利用停止になる可能性がある

クレジットカード現金化はグレーゾーンで運営されているというのが現状で、利用者が逮捕されるという事態にはなっていません。しかし、カード会社にそういう利用がばれてしまうと利用停止になるケースは十分に考えられます。あまりにも不自然な利用をしているとそうなってしまいますので注意してください。