クレジットカード現金化は果たして法律違反な取引なのか?

最近ではいろいろな場所においてクレジットカード現金化という言葉を目にする機会が増えてきています。2011年に悪徳業者が起こした逮捕劇を目にしてから、クレジットカード現金化に対するマイナスイメージが広まってきています。実はクレジットカード現金化は法律違反ではないかというような疑いがあるわけです。今回はこの疑問に対して答えていきたいと思っています。

悪徳業者は一定の割合で存在すると思っておいたほうがいい

2011年に悪徳業者が出資法違反によって逮捕されたという事件が起きています。これによってクレジットカード現金化のイメージが悪くなった出来事の一つです。クレジットカード現金化を行う業者は増えて行っていますが、一定の割合で悪徳業者が紛れていると言ってもいいでしょう。悪徳業者に巻き込まれると直接被害が及ぶことがありますので、安心できる業者かどうかをしっかりと見極める目を持ちましょう。

また個人情報保護法に違反するような業者も中にはいるようです。申し込む時に個人情報を入力する必要がありますので、それが漏えいされるとなるとそれは困ってしまいます。申し込む時に個人情報をしっかりと守ってくれるような業者を選ぶことが重要です。

利用者が逮捕された事例は一件もない

クレジットカード現金化によって業者が逮捕されるということはあっても、それに伴って利用者が逮捕されたという事例は起きていません。だから、クレジットカード現金化が法律違反ではないということは言えますが、クレジットカードの利用規約に抵触する可能性がある行為であることは言えます。特に換金を目的としてショッピング枠を利用するというところがそれに当たります。ですので、こういう利用がばれてしまうと場合によっては利用停止になることがありますので十分に注意してください。

クレジットカード現金化の利用であってもきちんと返済することができれば何ら問題はないことが言えるのですが、返済できなくなった時に困ったことになるのでそこも注意してもらいたい部分です。返済できなくなったら自己破産を検討するかもしれませんが、クレジットカード現金化自体が債務をチャラにすることができない取引に抵触するかのうせいがあるので、自己破産ができないという事態に陥る可能性があります。

クレジットカード現金化自体は法律違反ではない

クレジットカード現金化が行われているのははっきりと法律違反だという風に言えるわけではないからです。そのため、利用者としてはクレジットカード現金化のことをはっきりと理解した上で利用するようにしましょう。

安心くん 評判

更新情報